女性ドクター

骨粗鬆症とは骨密度が低いこと┃予防策を学ぼう

腸の脱出を治療する

腰を押さえる女性

鼠径ヘルニアは腸が腹腔から脚の付け根へ脱出してくる病気で、放置していると腸閉塞や壊死を起こすことがあり危険です。治療方法としては補強材で穴をふさぐ手術が主流になっており、局所麻酔で日帰り手術も可能です。

もっと読む

病気の治療と予防

病院

病気を治し健康な身体を維持するためには、予防治療という考え方が広まりつつあります。高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、食事の見直しや運動を積極的におこなうことで予防することができます。城東区にはたくさんの内科クリニックや病院があります。口コミを参考にすると自分に合った病院を見つけることができます。

もっと読む

症状にあわせて受診する

病院

平野区には、個人病院や総合病院が複数あり、症状にあわせて受診する必要があります。内科では主に投薬治療を行い、外科では手術で治療を行うのが特徴です。何かを受診したらいいか、分からない場合には、複数の診療科目のある、総合病院が人気があります。

もっと読む

いつまでも元気でいる方法

関節

骨吸収と骨形成

骨粗鬆症は女性に多く起こるもので、50歳以上の女性のうち3人に1人はなっていると言われています。女性にとってはとても身近なものと言えます。骨の密度が低くスカスカになり、少しの衝撃や転倒で骨折しやすくなります。どうして女性に骨粗鬆症が多いのかと言うと、女性の閉経で起こるホルモンバランスの影響がとても大きいからです。骨というのは、人間の体と同じように新陳代謝をしています。骨はずっと同じではなく、古い骨を壊す骨吸収と呼ばれるものと、新しく骨を作る骨形成と呼ばれるものを行っています。閉経が訪れる前まではこのサイクルが通常通りに行われるのですが、閉経でエストロゲンというホルモンの分泌が急激に低下してしまうと、エストロゲンがしっかりと働かなくなり骨形成がされず、骨吸収ばかり起こり骨粗鬆症になってしまうという事が起こります。

食事と運動

骨の密度は年齢を重ねるにつれて低下をしていくことは仕方がないことです。また、女性に閉経が訪れて骨吸収と骨形成のバランスが乱れやすくなるのも仕方がないことです。仕方がないことですが、骨粗鬆症の予防を行わなければ、ますます骨粗鬆症の症状は酷くなってしまい、骨折を境に介護が必要になってしまうこともあります。予防を行うことはとても大切なことです。予防をするために一番大切なことは食事です。骨の形成には欠かせないカルシウムを十分に摂ること、そしてカルシウムの吸収をよくするビタミンDを積極的に摂ることが大切です。また、骨粗鬆症を予防するためには運動が必要です。運動することで骨の血流を良くして、骨を作る細胞を活発にしてくれます。また定期的な運動は転倒予防にも繋がります。特に閉経を迎えた女性は骨を意識した食事と運動がとても大切です。そして、このような予防を行なっていても症状が発症した場合には、早急に医師の元を訪れましょう。医療機関では、サーム製剤や副甲状腺ホルモン薬を使用した薬物療法を行なっています。専門医の治療を受ける事で症状も緩和していくことでしょう。